高効率床暖房

高効率床暖房の概要

液体から固体、固体から液体への物質の変化で「出入りする熱」を利用する、高性能な素材「潜熱蓄熱材」と、
人がいるところだけを感知し暖房する「AIヒューマンセンサー」を使った高効率床暖房システムです。

暖房エリアを特定する「AIヒューマンセンサー」を使った高効率床暖房システム。
同時に、窓から入る太陽熱も蓄えて床暖房するため、自然エネルギーを効率的に活用します。

「潜熱蓄熱材(Phase Change Materials)」とは

相変化(固化 ⇔ 液化)に伴う熱収支を利用した材料。
液体から個体へと白く変色しながら発熱し、温度が上昇します。

白い個体が増えるに従って、左下の温度計の数値が上昇しています。
※上記映像は再生速度を2倍にしてあります

「AIヒューマンセンサー」とは

1台でマルチな情報を取得できる多機能画像センサー。
詳しくはこちら → SMART EYE SENSOR MULTI

床暖房主要構成部材

参画企業・大学

㈱イシミック http://www.ishimic.co.jp/
㈱ネギシ http://www.negishi-nhm.com/index.html
㈱恵比寿加工 http://www.ebisu-k.com/index.html
住協建設㈱ https://www.jyukyo-cnst.co.jp/
東芝インフラシステムズ㈱ https://www.toshiba.co.jp/infrastructure/index_j.htm
早稲田大学 https://www.waseda.jp/top/
日本工業大学 https://www.nit.ac.jp/