中級 Q1:
発明ほど高度な技術的アイデアではないため小発明とも呼ばれる「実用新案」は、内容についての審査(実体審査)をされることなく登録される。