富山県産業技術研究開発センター

富山県産業技術研究開発センター

富山県産業技術研究開発センターの概要と各研究所の今後の取組を紹介するパネルを展示します。

出展情報

富山県
企業・団体名 富山県産業技術研究開発センター
(トヤマケンサンギョウギジュツケンキュウカイハツセンター)
所在地 〒933-0981 富山県 高岡市二上町150
従業員数 59人
URL http://www.itc.pref.toyama.jp/
主な製品・加工技術・サービス 中小企業の技術力向上と新製品開発支援のため、技術指導、情報提供、共同研究、人材育成 等を行います。
出展区分 その他

みなさまへのメッセージ

製品開発に必要な最新試験研究設備を整え、産業振興に努めて来ました。今後は、材料技術を核とした新たな製造業の創成、ヘルスケア産業の創出、第4次産業革命への対応等の産業ニーズに応えるべく活動して参ります。

◆イチおし◆

H23に「ものづくり研究開発センター」が設置されたこと、そして、H26-H30に実施された「とやまナノテククラスター」の概要を、さらに、H27-H29にかけて設置された各種ラボ(「デジタルものづくりラボ」、「高機能素材ラボ」、「CNF製品実証・試作ラボ」、「製品機能評価ラボ」)を紹介します。

ものづくり研究開発センターに昨年設置された、「オープンイノベーション・ハブ」と「環境負荷評価棟」、および、そこに整備された新設設備の概要を紹介します。

次世代バイオマス素材として用途が注目されているセルロースナノファイバー(CNF)を用いた製品の開発拠点として国内有数の設備を有しているのがCNF製品実証・試作ラボです。動画では、CNFそのものの作成から、製品の試作・開発、製品の評価まで一貫して支援できる設備を紹介しています。
次のURLからもご覧いただけます。
https://youtu.be/n-FHMeL1lLY

環境負荷評価棟は、様々な自然環境や電磁ノイズ環境に対する製品の耐久性を評価する試験棟です。ここに整備された自然環境負荷試験室、電磁環境負荷試験室等の設備を紹介します。これらの設備は、EVや航空機などの搭載機器、医療機器、IOTやAIなどに向けた新たな素材や製品の開発に役立つものと思っております。
次のURLからもご覧いただけます。
https://youtu.be/iKBTbVjU5xk

商談の希望

カレンダーの希望する日の□を選択してください。

2021年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
2021年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

close

名刺交換

close

商談したい

close

気になるリスト